• ■07/02(Friday)

まだコレクションネタです。

幼少期からのコレクション欲が急激に高まったところで、ビックリマンはこれまで通り「チョコを見かけたらたまに買う」のスタンスで、
今買える神羅ゼクスファクターから始めてみようかという結論に収めました。

アスタロットのいない神羅は次の弾が出てスーパーで値下げが始まってからが本番だよねー
という俺ルールを決めていましたが、
今回久々にグッと掴まれるキャラが現れましたんで、値下げを待てず箱でいきました。


で、
シークレットは簡単に出てもそのキャラが出なくて、チョコを処理しながら途方にくれてる当方ですけどね。

カリン
いいよね...

Comments:2

ひえだまさき July 5, 2010 12:08 AM

「メシ食わずにチョコで済ます」なんてことはしていないだろうね?

>神羅
「いやなんで開封するんだよ」ってツッコまれたのを
思い出すなあ。
アニメ化はまだか!?って言われ続けてもう何年(何弾)すぎたのか。

>ビックリマン
その後「アイス」と「スナック」が発売されたけど
九州ではアイスだけだったんじゃ・・・
とうほぐではどうだった?

早川光輔 Author Profile Page July 5, 2010 5:42 AM

OK一週間でちょっと知識は仕入れたので解説してみようか。
 
>その後「アイス」と「スナック」が発売されたけど
第1弾からの復刻シール2枚が入った「カレースナック」は
後に全国販売されるアイスが売れない(とされる)HOKKAIDOで先行発売、
ただ厳密に販売地域は決まってなく秋田等でも売っていたので
婆様に送ってもらってスーパーゼウス当てて仙台で俺ヒーロー、なんて時期もありました。
 
んで後に「チキンコンソメスナック」が寒い地域何処ででも(詳しい地域は知らない)買えるようになったと。
が、公取委の「食玩に希少価値とか違法だふざけんなボケェ」の横槍が原因で、
ビックリマン熱が冷めていくとともに地域差のないチョコとアイスに集約するわけだ。
 
で、先日載せた「誰も買わなくなったアイスの終わりかけ頃の復刻シール」が、
ヤフオク相場5000円とかなっちゃうんだね。
 
 
現在恐ろしい程の価値のあるシールは
・微細な角折れやすり傷すら無い一部ヘッド
・非売品(懸賞、プライズ)
・エラー品
がメインなので、当時の小学生が輪ゴムで十字に止めてポケットに入れてたようなシールは
残っていてもほぼ無価値ということだね。
 
まんだらけがシール販売買取に積極的で、
保存状態のいいアイスの袋(中身なし)が1万円で売れちゃうとかもう何がなんだか。

Comment Form